仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

至 松尾寺

松尾寺駅で若猫の熱烈な? 歓迎を受けた後
近畿自然道の標識をたよりに松尾寺を目指しました
小さな高架下のトンネルを抜けて見えてきたのは
岩室稲荷神社です
c0022669_642476.jpg
c0022669_6423587.jpg
約260年前(徳川吉宗の時代でしょうか)
伏見稲荷総本社より分神されました
若狭湾の漁業振興祈願で
地域の人々に厚く信仰されているそうです
二つの社から山へ400段登れば
奇岩の社殿「岩屋大明神」がおわします

・・・が 時間の都合で今回はスルー 先を急ぎます
c0022669_715215.jpg
駅から約3.2キロの道程は 思ったほど厳しくありませんでした
ただ・・・
c0022669_6562327.jpg
暑い! まだまだ暑いです
着いた時には タオルがぐしょぐしょになってしまいました
c0022669_7171298.jpg
石段を上ればそこが二十九番札所 青葉山松尾寺です
[PR]
by massira | 2006-09-04 07:24 | 巡礼/西国三十三

長等神社

c0022669_1234939.jpg
大津駅から徒歩約10分 長等神社の参道に入りました
c0022669_1244347.jpg
天智天皇が近江大津宮へ遷都の際
都の鎮護として長等山の岩倉に須佐之男大神を祀ったのが
始まりとされています
後に智証大師円珍が日吉大社を勧請して合祀し
園城寺の鎮守社となりました

明治時代に入って 『神仏分離令』により独立
「長等神社」と改称されています
楼門は明治38年の造営だそうです

c0022669_12425.jpg
拝殿
c0022669_1251324.jpg
本殿を回廊が囲みます
c0022669_1241974.jpg
見事な枝垂れ桜
c0022669_1245764.jpg
稲荷神社
c0022669_125279.jpg
馬神神社
大津は京に入る最後の宿場町ということで
この地で馬も身を浄めたのだそうです
競馬馬の馬名が書かれたお札がたくさんおさめられていました

神社脇の参道から三井寺境内へ入ります
[PR]
by massira | 2006-08-15 12:28 | 仏詣/滋賀

男之宇刀神社

c0022669_22294461.jpg
槇尾山口バス停程近くに男之宇刀(おのうと)神社があります

神日本磐余彦尊(神武天皇)と
その兄の彦五瀬命(ひこいつせのみこと)
そして五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)
をお祀りしています

五十瓊敷入彦命は垂仁天皇の長子で
この地を含む広い領土を治めました
池溝を作って農耕社会の基礎を築いたと言われ
諸願成就の神として人々に親しまれ崇敬されています
c0022669_22301846.jpg
八幡社
c0022669_22304469.jpg
拝殿
c0022669_22312140.jpg

[PR]
by massira | 2006-08-08 22:34 | 巡礼/西国三十三

満願滝弁財天

南海バス「槇尾山口」からゆるやかな上り坂を約4km
施福寺山門の少し手前に
空海が滝行をしたと言われる「満願滝弁財天社」がありました
c0022669_1627431.jpg

c0022669_16272741.jpg
c0022669_16274092.jpg
落差は50m 晴天続きで水量は少なめです
c0022669_16275415.jpg


一服の涼を得て
向かうは西国巡礼難所の一つ
槇尾山施福寺参道です
[PR]
by massira | 2006-08-06 17:00 | 巡礼/西国三十三

走水神社

24・25日は走水神社の夏祭
狭い境内で「茅の輪くぐり」が執り行われてました
c0022669_236422.jpg
茅の輪くぐりとは
今年上半期の罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓え」神事です
この輪を左回り・右回り・左回りと8の字を描くように
三度くぐり抜け参拝するのだそうです
[PR]
by MASSIRA | 2006-07-25 23:26 | 神戸散策

熊野那智大社

熊野那智大社は熊野三山の一つ
熊野夫須美大神(いざなみの命)を主祭神としています
c0022669_2136235.jpg
c0022669_2144615.jpg
拝殿c0022669_21435232.jpg



この日の四日後
例大祭《那智の火祭り》が
執り行われるということで
その準備が粛々と進められている
という感じでした

c0022669_2140662.jpg
c0022669_21424224.jpg
宝物殿は200円
c0022669_21431330.jpg
平重盛が植えたと伝えられる樟の木が大きく茂っています
c0022669_21445943.jpg
霞がかってちょっと幻想的です
c0022669_21433833.jpg
八咫烏みくじ
京都六角堂鳩みくじのお仲間見つけました
またまた《吉》なり
[PR]
by massira | 2006-07-16 23:49 | 旅行/熊野詣

神倉神社

c0022669_1254818.jpg
熊野の地に初めて神々が降り立った場所がこの神倉山
山頂付近のゴトビキ岩をご神体として祀っています
c0022669_224914.jpg
猿田彦神社
右手奥には小さな滝が流れています
c0022669_255125.jpg
この鳥居から538段! 急勾配です
c0022669_272270.jpg
数十段で挫折
またの機会に ということで引き返しました
[PR]
by massira | 2006-07-15 02:11 | 旅行/熊野詣

熊野速玉大社

c0022669_2325661.jpg
熊野三山に数えられる古社 熊野速玉大社です
御祭神は 熊野速玉大神(いざなぎの命)・熊野夫須美大神(いざなみの命)を主神に 十二柱の神々をお祀りしています
c0022669_2335716.jpg
c0022669_2344214.jpg
手力男神社、八咫鳥神社は二十年程前に再建
c0022669_2384987.jpg
樹齢約1000年 国の天然記念物 梛(なぎ)の大樹です
平重盛(清盛の嫡男)の手植えと伝えられています
c0022669_23132946.jpg
神宝館
速玉大社所蔵の神宝類は千二百余点
その中のほんの一部が展示されています
入館料500円
c0022669_23153176.jpg
神門
c0022669_23174949.jpg
拝殿

時刻は四時過ぎ 炎天下すでに汗みどろでしたが
ホテルのチェックインにはまだ間があります
神倉神社まで足を伸ばすことにしました
[PR]
by massira | 2006-07-14 23:36 | 旅行/熊野詣

道明寺天満宮

c0022669_1793215.jpg
道明寺天満宮
c0022669_17102711.jpg
榊莫山先生による一茶の句碑
c0022669_17112535.jpg
なで牛
牛は天神さま・菅原道真公のお使いとして信仰されています
c0022669_1719263.jpg
本殿
c0022669_17203568.jpg
狛犬も観覧? 能楽殿
c0022669_17235138.jpg
修羅(復元品)
古墳を造るときに必要な巨大な石を運ぶソリです

c0022669_17281577.jpg
c0022669_17283260.jpg
社殿裏手の梅園
まさに見頃 一番良い季節に参詣したのかも
[PR]
by massira | 2006-03-23 17:10 | 仏詣/大阪