仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:神戸 ( 100 ) タグの人気記事

大円山 徳光禅院

展望台からてくてくおりてくると
左側に見えてくるのは福徳弁財天社
五社稲荷大明神社を経て徳光院をめざします
c0022669_311189.jpg
福徳弁財天社
c0022669_313256.jpg
五社稲荷大明神社

c0022669_335332.jpg
本堂
徳光禅院は川崎造船創始者・川崎正蔵が
私財を投じて建立 菩提寺とされたお寺です
c0022669_32256.jpg
1478年建立の多宝塔は
龍花山明王寺より移築されたもの
c0022669_3498.jpg

c0022669_333734.jpg
これ・・・なんでしょう?  灯籠?
c0022669_342556.jpg
狛犬の背後に多宝塔
c0022669_3289.jpg
庫裏
c0022669_323844.jpg
作家・久坂葉子墓所
本名は川崎澄子 正蔵の曾孫にあたります
時代に翻弄される旧華族の苦悩を綴った『ドミノのお告げ』で
19歳にして芥川賞候補となった作家さんですが
1952年大晦日 阪急六甲駅にて投身自殺しました 享年21歳
c0022669_34371.jpg
山門は少し離れたところにあって
通り抜けられないように囲われています
[PR]
by massira | 2007-01-03 03:20 | 仏詣/兵庫

旅先の猫/布引展望台編

c0022669_12344214.jpg
c0022669_1235364.jpg
c0022669_12351674.jpg

[PR]
by massira | 2007-01-01 12:36 | 旅先の猫

布引展望台

c0022669_025479.jpg
神戸市民には馴染みの?看板
c0022669_0335415.jpg
ちょっと霞んでますが なかなか良い景色です
手前のビルは新神戸オリエンタルホテル
[PR]
by massira | 2007-01-01 00:41 | 神戸散策

布引の滝

新神戸駅裏手にある布引の滝は
雌滝・夫婦滝・鼓滝・雄滝の総称なんだそうです
那智の滝、華厳の滝とならんで
日本三大神滝のひとつに数えられています
c0022669_19252080.jpg
レンガ造りの水管橋 砂子橋
c0022669_19262469.jpg
c0022669_1926398.jpg
中央奥に雌滝
右側にはドーム天井がかわいらしい石積の取水施設
c0022669_19271919.jpg
道はきれいに整備されていて気軽に散策できます
c0022669_1927454.jpg
たくさんの歌碑があちらこちらに
c0022669_19273386.jpg
鼓滝
滝口は見えませんでした
c0022669_19274952.jpg
c0022669_19281581.jpg
雄滝
高さは43m この日は水量かなり少なめ
c0022669_19282892.jpg
滝見台の上にはお不動様


展望台があるということで もう少し登ってみました
[PR]
by MASSIRA | 2006-12-31 19:51 | 神戸散策

エコール・ド・パリ展

c0022669_22185415.jpg
会期ギリギリになって兵庫県立近代美術館へ
c0022669_21571255.jpg
モディリアーニやキスリング ルソーの小品
アレグザンダー・アーキペンコの彫刻 などなど
出品数がちょっと少なめで 割高の感は否めませんが
久々に“実物にふれる”ことの大切さ 実感させられました
モディリアーニの『青い目の女』  良かったです〜
[PR]
by massira | 2006-12-19 23:20 | お出かけ
c0022669_2524538.jpg

[PR]
by MASSIRA | 2006-12-10 02:53 | ご近所の猫

若王山 無動寺

c0022669_2358519.jpg

c0022669_23581874.jpg

高野山真言宗
開山は聖徳太子です
聖徳太子が物部氏征伐に際して
戦勝祈願に大日如来と諸像を
造立させたのが始まりとされています


ご詠歌
世を救う 仏のちかひ ゆるぎなく
 ちとせ変らぬ のりのわかやま

c0022669_23583031.jpg
本堂内陣はガラス張りですが
狭いスペースで見下ろされると圧倒されてしまいます
ご本尊は丈六の大日如来座像
脇侍は釈迦と阿弥陀の両如来が安置されています
いずれも藤原初期の作
十一面観音像立像と不動明王座像を含む仏像五躯が
国の重要文化財に指定されています
カッと眼を見開いた不動明王は「身代り不動尊」
近畿三十六不動尊に数えられ 多くの参拝客を集めています
c0022669_00342.jpg
庫裡と鐘楼
c0022669_23584637.jpg
c0022669_2359095.jpg
若王子神社本殿
無動寺の鎮守社として建てられました(室町初期)
c0022669_23591262.jpg
無動寺奥の院
c0022669_23593440.jpg
c0022669_23594927.jpg
不動堂
こちらにもお不動さん 
c0022669_002834.jpg
c0022669_004567.jpg
いよいよ冬到来という感じ・・・?
c0022669_0105.jpg
新兵衛石
江戸の初め 大きな飢饉が起きた時のお話
領地を巡察していた大炊寮の長官が 丹生山田の福地村を通りかかると
石の影から飛びだした幼い少年が 村の窮状を涙ながらに直訴しました
少年の勇気に胸を打たれた大炊頭は 願いを聞き入れ
村の年貢は軽減され 少年も無罪放免となりました
村人は少年・新兵衛をたたえ
身を隠していた石を「新兵衛石」と呼び 記念に残しましたとさ
[PR]
by massira | 2006-12-09 00:19 | 仏詣/兵庫
c0022669_1382898.jpg

[PR]
by massira | 2006-12-05 01:38 | ご近所の猫

23番 宝積山 能福寺

c0022669_0265788.jpg
c0022669_0294477.jpg



能福寺は新西国三十三観音霊場の
第二十三番札所です


ご詠歌
ただ法の 宝を積みて はるばると
  運ぶ歩みの 楽しかりけり


c0022669_0281421.jpg
c0022669_028057.jpg
なんといっても兵庫大仏!
戦前は日本三大仏の一つに数えられていましたが
太平洋戦争末期に金属供出により解体されたため
現在は二代目(平成三年再建)です
c0022669_026993.jpg
平相国廟
清盛の800回忌を記念し建立されました
c0022669_0282954.jpg
ジョセフ・ヒコの英文碑
ジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)はペリー来日時の通訳として活躍されました
我が国初の民間による新聞を発行した人でもあり
「新聞の父」と呼ばれます
神戸を訪れた外国人が兵庫大仏へ多数参拝に来たことから
当時の住職がジョセフ・ヒコに依頼して
縁起を英文にしたものを製作させたのだそうです
わが国初の英文碑と言われています
c0022669_0274710.jpg
c0022669_0293199.jpg
滝善三郎正信慰霊碑
神戸事件の責を一身に背負い切腹した滝善三郎の慰霊碑です
慰霊碑は切腹した永福寺に建てられましたが
空襲で寺が焼失 この碑のみ焼け残ったそうです
百回忌を迎える際 この地に移されました
c0022669_0271431.jpg
本坊でご朱印をいただきました
c0022669_0284928.jpg
ざくろ発見
c0022669_0273074.jpg
最後にもう一度 大仏様のご尊顔を拝してお寺をあとにしました
[PR]
by massira | 2006-11-25 00:54 | 巡礼/新西国

新川運河

c0022669_18374628.jpg
大輪田橋
3連のアーチが美しい石造の橋です
c0022669_18422235.jpg
大和田水門
c0022669_18351667.jpg
キャナルプロムナード
新川運河沿いに広い遊歩道がのびています
毎年8月下旬には兵庫運河祭が開かれて
こちらで色々な催しが行われるそうです
c0022669_18353445.jpg
ちょっとフェルメールの『デルフトの眺望』っぽいと思ったんですが…
連れに一笑に付されました 笑

c0022669_18361765.jpg
兵庫城跡・最初の県庁跡碑
池田信輝・輝政父子が花隈城攻めの功により
織田信長からこの土地を与えられ
陸海の要所であった兵庫津近くに城を築きました
江戸時代には尼崎藩領となって奉行が置かれ
江戸後期には幕府の直轄領 そして明治に入り
最初の兵庫県庁が設けられています
県庁はその後移転し 新川運河の開墾によって
城跡の中心地はほとんど川底に沈んでしまったそうです
c0022669_18363364.jpg
運河北側にはかわいい? コミカルな清盛像


このあと 新西国霊場・能福寺へむかいました
[PR]
by massira | 2006-11-23 19:11 | 神戸散策