仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

信長の館→安土駅

c0022669_2225878.jpg
安土城天主 信長の館
安土城最上部 5・6階部分が復元展示されています
c0022669_22253179.jpg
c0022669_22261432.jpg
c0022669_22263126.jpg
c0022669_22275387.jpg
旧柳原学校校舎
明治9年建設の 可愛らしい小学校校舎です
c0022669_22283114.jpg
繖山
c0022669_2228538.jpg
日差しはちょっときつめですが うららかな午後です
c0022669_22294337.jpg
安土駅に到着
 「安土ぶらんど館」は物産情報館とのことですが 覗かず終い
c0022669_223035.jpg
信長像がお見送りしてくれました
[PR]
by massira | 2006-10-12 00:03 | お出かけ

繖山 桑実寺

c0022669_2228860.jpg

c0022669_22263725.jpg
宗 派 天台宗
ご本尊 薬師如来座像
開 山 藤原定恵

西国薬師第四十六番霊場は
天智天皇の勅願により
藤原鎌足の長男・定恵が
677年創建したと伝えられる古刹です

定恵は中国から桑の木を持ち帰り
養蚕技術を広めました
それが寺名の由来となっています

c0022669_22275275.jpg
池の主が顔をのぞかせています
c0022669_22282496.jpg
竹生島参詣で信長が留守の間に桑実寺を訪れた女中を
「怠け者は不要である」と
かばった僧侶もろとも切り捨てたという
とんでもない というか信長らしい逸話が残っています
c0022669_22284326.jpg
c0022669_22265350.jpg
500段続く石段
c0022669_22272173.jpg
ようやく麓まで降りてきました

近江風土記の丘 信長の館を
ちょっとだけのぞいてみます
[PR]
by massira | 2006-10-10 23:13 | お出かけ

観音寺城趾

c0022669_19431966.jpg
観音正寺濡れ仏の脇から 山道へ入って行きます
c0022669_19413923.jpg
城址までは10分足らず
c0022669_1942324.jpg
廃城になってからすでに400年経ちますが
いまだ いたる所に石垣が残ります
c0022669_1944147.jpg
倒木もそのまんま
c0022669_1943397.jpg
c0022669_19433870.jpg
桑実寺までは 20分の下りです
[PR]
by massira | 2006-10-09 20:30 | お出かけ

琵琶湖疏水

三井寺から京阪三井寺駅までの道にそって流れているのは
琵琶湖疏水です
c0022669_20592231.jpg
明治時代半ば
水運・発電・上水道・灌漑用水などの目的で作られました
ことに発電は京都の近代化に大きく貢献しました
日本初の路面電車が京都で開業されたのも
琵琶湖疏水の電力によるものだそうです
現在は主に水道用水として使われています
[PR]
by massira | 2006-08-21 21:23 | 仏詣/滋賀

護法善神堂

c0022669_17545620.jpg
c0022669_17551169.jpg
この日は三井寺納涼祭り 櫓が組まれていました
c0022669_17555186.jpg
お堂には訶梨帝母倚像が鎮座ましてます
この日は特別公開中
釈迦によって改心し 子供の守護神となった
鬼子母神とも呼ばれる女神です
智証大師の護法神として 特に篤い信仰を集めています
[PR]
by massira | 2006-08-20 18:26 | 仏詣/滋賀

金堂

c0022669_21153597.jpg
残念! 国宝園城寺金堂は保存修理中です

c0022669_21155257.jpg




身丈三寸二分の弥勒菩薩がご本尊
開山以来の絶対秘仏です


c0022669_2116794.jpg
莫山先生筆による芭蕉の句碑
c0022669_21164243.jpg
近江八景の一つ「三井の晩鐘」
弁慶鐘にならって新鋳されています
一撞き三百円也
c0022669_21184385.jpg
閼伽井屋
寺名の由来でもある 天智・天武・持統天皇の 産湯に使われた霊泉です
工事用のシートで覆われていたのでよくは見えませんが
規則的に ボコッ ボコッ と涌き出る音が聞こえてきます
[PR]
by massira | 2006-08-19 21:56 | 仏詣/滋賀

唐院・一切経蔵・霊鐘堂

c0022669_2233619.jpg
唐院
開祖・智証大師円珍和尚の廟所です
c0022669_22332194.jpg
灌頂堂と長日護摩堂
c0022669_22333545.jpg
三重塔
c0022669_22335574.jpg
一切経蔵
c0022669_22343057.jpg
巨大な八角輪蔵は回転式
c0022669_2235116.jpg
霊鐘堂
c0022669_22352433.jpg
弁慶の引き摺り鐘
三井寺初代の梵鐘は奈良時代の作
山門(延暦寺)との争いで弁慶が奪い
比叡山まで引き摺り上げ 撞いてみたところ
”イノー イノー”(関西弁で帰りたい)と響いたので
弁慶は「そんなに三井寺に帰りたいのか!」と怒り
鐘を谷底へ投げ捨ててしまったそうです
鐘にはその時のものと言われる傷痕が残っています
c0022669_22345745.jpg
霊鐘堂西側には孔雀園
[PR]
by massira | 2006-08-18 23:51 | 仏詣/滋賀

至 微妙寺

c0022669_23173654.jpg
十八明神社
 当山の土地・伽藍を守護する神々を祀っています
 別名「ねずみの宮」
 白河院の時世 当寺の高僧・頼豪阿闍梨に
 皇子降誕の祈誓をするよう勅命が下りました
 祈祷の験あって ほどなく皇子が誕生
 その報賞として 戒壇道場建立の勅許を得ます
 ところが 比叡山の横やりで勅許が取り消されてしまい
 これを怒った頼豪阿闍梨が 二十一日間護摩をたき
 ついには壇上に果ててしまいました
 その強念が八万四千匹のねずみとなり
 比叡山に押し寄せて 堂塔や経巻を喰い荒したのだそうです
 この社には この時のねずみの霊が祀られています
c0022669_23175570.jpg
毘沙門堂
極彩色の御堂は重要文化財に指定されています
c0022669_23183257.jpg
三十三観音の一つ 衆宝観音
 衆宝とは衆生が求めてやまない財宝のこと
 財宝は心の中の宝 つまり仏性を意味しています
 右手を岩に置き 左手を立て膝の上に置く
 特異なポーズの観音様です
 この観音様を信仰すれば財宝が貯まり
 福徳を授けられ出世が叶うのだそうです
c0022669_23193796.jpg
c0022669_2320546.jpg
微妙寺
c0022669_2320316.jpg

 湖国十一面観音霊場第一番札所
 毎月土・日・祝日と
 17・18日にご開帳
 下半身のどっしりした
 可愛らしいご本尊です
[PR]
by massira | 2006-08-17 23:38 | 仏詣/滋賀
c0022669_20133981.jpg
西国三十三観音 十四番札所は
 天智・天武・持統天皇が産湯につかった霊泉のある「御井」のお寺です

c0022669_2030374.jpg


宗 派:天台宗寺門派総本山
本 尊:如意輪観世音菩薩
開 基:智証大師


 いで入るや
 波間の月を三井寺の
 鐘の響きにあくる湖




c0022669_20124056.jpg
世継地蔵堂
c0022669_20125517.jpg
c0022669_201388.jpg
鐘楼
c0022669_20132323.jpg
百体観音堂
c0022669_20301970.jpg
大津市街と琵琶湖が臨めます
c0022669_20122649.jpg
階段を下りて次は
湖国十一面観音霊場 微妙寺へ向かいます
[PR]
by massira | 2006-08-16 21:10 | 巡礼/西国三十三

長等神社

c0022669_1234939.jpg
大津駅から徒歩約10分 長等神社の参道に入りました
c0022669_1244347.jpg
天智天皇が近江大津宮へ遷都の際
都の鎮護として長等山の岩倉に須佐之男大神を祀ったのが
始まりとされています
後に智証大師円珍が日吉大社を勧請して合祀し
園城寺の鎮守社となりました

明治時代に入って 『神仏分離令』により独立
「長等神社」と改称されています
楼門は明治38年の造営だそうです

c0022669_12425.jpg
拝殿
c0022669_1251324.jpg
本殿を回廊が囲みます
c0022669_1241974.jpg
見事な枝垂れ桜
c0022669_1245764.jpg
稲荷神社
c0022669_125279.jpg
馬神神社
大津は京に入る最後の宿場町ということで
この地で馬も身を浄めたのだそうです
競馬馬の馬名が書かれたお札がたくさんおさめられていました

神社脇の参道から三井寺境内へ入ります
[PR]
by massira | 2006-08-15 12:28 | 仏詣/滋賀