仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

石舞台古墳

c0022669_2352337.jpg
7世紀初頭に造られたこの巨大な遺構は
蘇我馬子の墓では? と言われています
c0022669_23522938.jpg
c0022669_23524669.jpg
混み合ってます
c0022669_2353582.jpg
c0022669_23531856.jpg
日も傾いてきました
先を急がねばっ! 次は橘寺へ向かいます
[PR]
by MASSIRA | 2006-12-27 23:50 | お出かけ

旅先の猫/石舞台古墳編

c0022669_23483964.jpg

[PR]
by MASSIRA | 2006-12-26 23:55 | ご近所の猫

東光山 岡寺(龍蓋寺)

c0022669_2219119.jpg
西国三十三観音 七番札所は 日本最初の厄除け霊場です

c0022669_22191727.jpg


宗 派:真言宗豊山派
本 尊:如意輪観世音菩薩
開 基:義淵僧正


 けさ見れば
 つゆ岡寺の 庭の苔
 さながら瑠璃の 光なりけり

c0022669_221948100.jpg
開山堂と本堂
c0022669_2220030.jpg
ご本尊は二臂の如意輪観世音菩薩
高さ約4.6m 現存する塑像としては日本最大です
c0022669_22203450.jpg
義淵僧正がその法力で
農地を荒し回っていた龍を閉じ込めたという龍蓋池
c0022669_22204624.jpg
十三重石塔
c0022669_2221561.jpg
瑠璃井
c0022669_22212060.jpg
稲荷社と奥の院 奥の院は洞窟になっています
c0022669_22223997.jpg

c0022669_2232365.jpg
三重塔は再建からまだ20年
c0022669_22231832.jpg
旧書院前の楼門


一年かけて巡った 西国巡礼
これにて満願です
週末こうしてお寺を巡ることで 良い運動になったのでしょうか
前厄の今年 体調を崩すことなく
無事 年を越すことができそうです

さてこの次は・・・
2年間かけて 新西国・西国薬師のお寺を
ぼちぼち巡って行こうかな と思ってます
[PR]
by massira | 2006-12-25 22:36 | 巡礼/西国三十三

旅先の猫/岡寺編

c0022669_2003378.jpg

[PR]
by massira | 2006-12-23 20:00 | 旅先の猫

明日香散策

c0022669_224923.jpg
蘇我入鹿首塚
大化改新の時 板蓋宮跡から
入鹿の首が ここまで飛んできたと言われます
直線距離500mはありそうですが・・・

c0022669_231716.jpg
c0022669_234100.jpg
伝・飛鳥板萱宮跡
この遺構自体は7世紀後半の飛鳥浄御原宮のもの
板萱宮は さらにこの下に埋まっているのだとか
c0022669_233636.jpg
c0022669_293891.jpg
酒船石
長さ約5.5m、幅約2.3m
酒もしくは薬等を造るための道具のようですが 定かではありません


さて次はいよいよ 私の西国巡礼満願のお寺
岡寺へ向かいます
[PR]
by massira | 2006-12-23 02:10 | お出かけ

9番 鳥形山 飛鳥寺

c0022669_2224586.jpg
c0022669_22375611.jpg


飛鳥寺は
新西国三十三観音霊場
第九番札所です

ご詠歌
うきことの
消ゆるもけふか 飛鳥寺
末やすかれと 祈る身なれば


c0022669_2233222.jpg
なんと撮影OK!
とはいうものの さすがにフラッシュは自主規制しました
c0022669_22232810.jpg
飛鳥大仏は銅造の釈迦如来坐像(重文)
製造年のわかっているものとしては日本最古の鋳造大仏です
堂宇の焼失をも乗り切って 約1400年
この場所に鎮座ましていらっしゃいます
c0022669_2223411.jpg
聖徳太子16歳の像
c0022669_22262953.jpg
飛鳥寺西にある広場で蹴鞠会が行われたとき
中大兄皇子と中臣鎌足は出会いました
c0022669_22331966.jpg
阿弥陀如来像は藤原時代の作
c0022669_22341737.jpg
とっても魅力的な大黒様
c0022669_22344783.jpg
思惟殿
新西国の観音様はこちらにおわします
c0022669_22365157.jpg
鐘楼
[PR]
by massira | 2006-12-21 23:47 | 巡礼/新西国
c0022669_1462273.jpg
南円堂の裏手にある国宝・三重塔でも
初層が特別公開中
弁財天坐像と四方千躰仏壁画を観ることができます
[PR]
by massira | 2006-11-03 02:03 | 仏詣/奈良

興福寺南円堂

c0022669_127140.jpg
西国三十三観音 九番札所は
 藤原北家繁栄の歴史を見守ったお寺です


c0022669_127392.jpg


宗 派:法相宗大本山
本 尊:不空羂索観世音菩薩
開 基:藤原冬嗣


 春の日は
 南円堂に かがやきて
 三笠の山に 晴るるうす雲




八角円堂としては国内最大規模を誇ります
ご本尊は秘仏
西国観音巡礼の中では唯一の不空羂索観世音菩薩です
毎年10月17日に大般若転読法会が行われ
特別開扉されるようです
c0022669_1281628.jpg
c0022669_1282946.jpg
お堂正面にはご詠歌が掲げられていました
c0022669_1284219.jpg


ご朱印をいただいて 散華を求めたところ
ご朱印帖が専用のものではないということで
拒否されました
巡礼の定義がそんなところにあったとは・・・
とても残念です
[PR]
by massira | 2006-11-02 01:37 | 巡礼/西国三十三
c0022669_22394235.jpg
北円堂

c0022669_22395458.jpg
藤原不比等の一周忌に
元明・元正天皇が長屋王に命じ
建立された本瓦葺の八角円堂は
とても美しいたたずまいです

本尊弥勒如来座像を中心に
脇侍の法苑林・大妙相菩薩半跏像
無著・世親像 四天王立像
すばらしい仏像がひしめき合います
特に無著・世親両菩薩像は
運慶一門渾身の作
清らかな瞳に湛えた光が
見る人の心を打ちます

c0022669_2240869.jpg
c0022669_22403350.jpg
五重塔を遠くに臨みます
このくらい離れたほうが風景に馴染んで
美しさが増す気がしますね
[PR]
by massira | 2006-11-01 00:18 | 仏詣/奈良
c0022669_23211579.jpg

c0022669_23215922.jpg


仮金堂
中金堂が復興されるまでの間
興福寺の金堂としての
役割を担います
本尊は釈迦如来像
薬王・薬上両菩薩を脇侍としています
法隆寺金堂と同じ
古いタイプの組み合わせ
なのだそうです

c0022669_23204189.jpg
東金堂
本尊は薬師如来坐像 脇侍は日光・月光両菩薩
文殊菩薩座像・維摩居士座像・十二神将立像
さらに四天王立像が所狭しと並んでいます
お堂に奥行きがないので 間近で見られました
c0022669_23185876.jpg
c0022669_2320643.jpg
東金堂と五重塔
c0022669_23205954.jpg
五重塔
創建者藤原不比等の娘光明皇后が建立しました
五回の焼失・再建を経て 15世紀初頭に建立
現存する塔の中では国内二番目の高さを誇ります
[PR]
by massira | 2006-10-31 00:10 | 仏詣/奈良