仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大阪天満宮

c0022669_15212876.jpg
天満の天神さんに到着です
c0022669_15214210.jpg
本殿
「天神祭」は日本三大祭のひとつ
毎年7月24・25日 道真公ご生誕の日に催されます
ここから陸渡御(りくとぎょ)の大行列が出発するそうです
c0022669_15225096.jpg
八坂社
c0022669_1524442.jpg
白米稲荷社
c0022669_15241683.jpg
大将軍社
本殿北側にはたくさんの摂社が建っています
大将軍社は管公が九州太宰府へ向かう直前参詣に来た場所
管公の死後 霊光を放つ7本の松が
このお社の前に突然生えたというのが
この地に天満宮が創建・鎮座されたきっかけだそうです
c0022669_15251982.jpg
星合池
梅林が見頃でした
c0022669_15254013.jpg
c0022669_15255447.jpg
c0022669_1526578.jpg

[PR]
by massira | 2007-02-14 23:19 | お出かけ

天神橋筋商店街

c0022669_013165.jpg
7丁目(てんひち)から南下すること2km強
かつて「十丁目筋商店街」と呼ばれていた天神橋筋商店街は
その全長が日本一とも言われます
c0022669_014639.jpg
天満天神繁盛亭
関西では60年ぶりに復活した落語専門の定席
毎日昼と夜 公演が開かれるそうです

この寄席の南すぐに
大阪天満宮があります
[PR]
by massira | 2007-02-11 23:57 | お出かけ

3番 雲松山 鶴満寺

c0022669_8201210.jpg
長柄國分寺から東にものの1分 交差点の向こうに八角楼が見えています

c0022669_8202685.jpg


ご詠歌
なにわ江の
昔ながらの 鶴満寺
今も変らぬ 法のみ光り


宗 派:天台真盛宗
本 尊:阿弥陀如来(本堂)
    子安観世音菩薩(観音堂)

c0022669_8195517.jpg
本堂
ご本尊は慈覚大師の作といわれる阿弥陀如来
伝・定朝作の地蔵菩薩が安置されています
c0022669_8191091.jpg
百体観音堂
西国33 秩父34 坂東33各霊場の
計百体の観音像が祀られています
新西国33ヶ所霊場のご本尊 子安観音菩薩もここに安置されています
子安観音は霊元法皇の皇子・勝ノ宮の安産を祈願し
新大納言お局が刻まれた聖観音像です
c0022669_818428.jpg
現存のお堂は昭和8年に再建されたもの
入母屋造の屋根の上には八角形の楼閣という とても印象的な建造物です
c0022669_8193774.jpg
手前の鐘楼の梵鐘は太平10年(中国年号で西暦1030年)在銘の
高麗時代初期に製造された朝鮮銅鐘です
国の重要文化財の指定をうけています
山口県普済寺の土中から掘り出され
毛利藩より寄進されたものだそうです
c0022669_8185481.jpg
猫除け・・・でしょうか
可愛らしいオブジェが整然と並んでました

江戸中期 隆盛を誇った鶴満寺には
たくさんのしだれ桜が植えられていて
大坂近郊有数の桜の名所であったそうです
上方落語にこのお寺の桜を題材にした「鶴満寺」というお噺があります
・・・花見の時期 寺を留守にすることになった和尚さん
   留守を預かる寺男に
   酒飲み騒ぐような輩は 決して境内へ入れないようにと
   強く言い聞かせ出掛けます
   さっそく寺男の知り合いが 花見をさせろとやってきて
   寺男もはじめは断るものの 心づけを渡され
   ついつい入れてしまいます
   揚げ句 一緒になってドンチャン騒ぎを始めてしまうのでした
   ・・・というお話

境内はその後一変 しだれ桜も失われて今はもうありません
c0022669_8192379.jpg
ひっきりなしに飛行機が上空を行き交っています


さて最後に
天神橋筋商店街を南下し 大阪天満宮を目指します
[PR]
by massira | 2007-02-10 08:34 | 巡礼/新西国
c0022669_895822.jpg
c0022669_8101231.jpg

斉明天皇は
先帝孝徳天皇の菩提を弔うため
長柄豊崎宮跡に
「長柄寺」を建立します
聖武天皇が発した
一国一寺の
国分寺創建の詔勅によって
国分寺と改称されました
通称 長柄国分寺
真言宗国分寺派の大本山です



ご詠歌
み仏の 譲り給える 国分寺 ゆるぎなき世の 鎮めなりけり
c0022669_885197.jpg
朱色の鐘楼
弘法大師のご生誕1200年を記念して建てられました
下層には 「天六ガス爆発」の犠牲者が供養されています
1970年4月8日地下鉄工事の際に起きた
死者79人・負傷者420人という大惨事でした
c0022669_892751.jpg
霊明殿
ご本尊は阿弥陀三尊 脇侍に観音・勢至両菩薩
c0022669_89832.jpg
弘法大師像
c0022669_87299.jpg
山門左手に石仏・水かけ不動尊が
二童子をしたがえ立ってらっしゃいます
水をかけながら祈願すると災いがなくなるのだそうです
近畿36不動尊 第7番
c0022669_881566.jpg
1965年落慶の「昭和金堂」
ご本尊は薬師如来で西国49薬師霊場第17番札所となっています
c0022669_882871.jpg
足下には仏足石
c0022669_88062.jpg
護摩堂
立派な仁王様が両脇を固めます
お堂の前に立つと 奥から誰かがのぞいてる?
護摩堂の裏へ回ると
充実した実りある人生を送らせてくださるという「みのり不動尊」が
イチョウの大木の下にいらっしゃいました
c0022669_87446.jpg
親しみ易すぎ?な不動明王です
[PR]
by massira | 2007-02-08 08:21 | 仏詣/大阪

道明寺

c0022669_1944374.jpg
道明寺
近鉄南大阪線 道明寺駅下車 徒歩6分
c0022669_1945544.jpg
菅原道真公が自ら刻んだといわれる
国宝十一面観世音菩薩像が御本尊の古義真言宗の尼寺です。
c0022669_198307.jpg
本堂
拝観料は500円 ご本尊は毎月18,25日御開扉されます
c0022669_19594445.jpg


野中寺からの道行きは はっきり言って歩くのに不向きです
車の往来がとても多く排気ガスがすごいし
道の脇を通る水路は ドブ臭いし・・・
途中降り出した雨が 多少やわらげてくれましたが
再び歩こうとは決して思えない道のりでした
点在する古墳群を経由しながら上手に散策するコースを
もう少し研究してから行った方が良かったかも
[PR]
by massira | 2006-03-26 20:34 | 仏詣/大阪

道明寺天満宮

c0022669_1793215.jpg
道明寺天満宮
c0022669_17102711.jpg
榊莫山先生による一茶の句碑
c0022669_17112535.jpg
なで牛
牛は天神さま・菅原道真公のお使いとして信仰されています
c0022669_1719263.jpg
本殿
c0022669_17203568.jpg
狛犬も観覧? 能楽殿
c0022669_17235138.jpg
修羅(復元品)
古墳を造るときに必要な巨大な石を運ぶソリです

c0022669_17281577.jpg
c0022669_17283260.jpg
社殿裏手の梅園
まさに見頃 一番良い季節に参詣したのかも
[PR]
by massira | 2006-03-23 17:10 | 仏詣/大阪

〜野中寺

c0022669_1812649.jpg
辛国神社
c0022669_1820216.jpg
しだれ梅でしょうか 満開でした

c0022669_18243130.jpg
野中寺を目指して歩くこと数分
特徴的な外観の「アイセルシュラホール」が姿を現します
「船形はにわ」と「修羅」をイメージしてデザインしたものだそうで
この「修羅」というのは 古墳時代の巨石運搬用そりのこと

c0022669_18335552.jpg
c0022669_18342780.jpg
仲哀天皇陵
前方後円墳の墳丘長は242m
この地域には大小さまざまな古墳が点在しています


道は細いし車の往来は結構激しいし ちょっと歩きにくい道のりです


c0022669_18441330.jpg
野中寺
聖徳太子と蘇我馬子の建立と伝えられる飛鳥時代のお寺です
俗に「中の太子」と呼ばれ、河内三太子のひとつに数えられています
c0022669_18444040.jpg

ここでのお目当ては毎月十八日に拝観が許される
重文の弥勒菩薩半跏思惟像
とても良いお顔立ち じっくり目に焼き付けてきました
c0022669_18543464.jpg
本堂
ご本尊は薬師如来です
c0022669_18582265.jpg
大師堂
c0022669_18585651.jpg
塔跡
c0022669_1920678.jpg
経蔵前の梅も見頃でした
c0022669_19225124.jpg
西古墳石棺


堺羽曳野線を東に 次は道明寺を目指します
[PR]
by massira | 2006-03-21 19:31 | 仏詣/大阪
c0022669_234113.jpg
荒陵山 四天王寺

 〒543−0051 大阪市天王寺区四天王寺 TEL06-6771-0066
 http://www.shitennoji.or.jp

 地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ケ丘駅より
 徒歩5分
c0022669_23164476.jpg

 宗 派 和宗総本山
 ご本尊 救世観世音菩薩
 開 基 聖徳太子

c0022669_2318514.jpg
大黒堂
c0022669_23192080.jpg
法然上人六番霊場六時堂と石舞台
c0022669_23193389.jpg
亀井不動尊は近畿三十六不動尊霊場
c0022669_23195596.jpg
本坊庭園 極楽浄土の庭
c0022669_23201039.jpg
中央伽藍
五重塔を無意味に登ってしまい足パンパンになる
c0022669_23203173.jpg
聖霊院(太子殿)奥殿
地下には信徒の方が奉納した金ピカの観音様がいっぱい
c0022669_23205761.jpg
布袋堂
[PR]
by massira | 2005-12-24 23:29 | 巡礼/西国三十三
c0022669_1235875.jpg

應頂山 勝尾寺

 〒562−8508 大阪市箕面市勝尾寺 TEL072-721-7010(代表)
 http://www.katsuo-ji-temple.or.jp/index.html

 千里中央駅より阪急バス
 5番乗り場54系統
 約45分 480円

  
c0022669_12204257.jpg

 宗 派 高野山真言宗
 ご本尊 十一面千手観世音菩薩
 開 基 善仲・善算

 ご詠歌
  おもくとも つみにはのりの かちおでら
           ほとけをたのむ みこそやすけれ


残念ながら境内のあちこちで工事中


c0022669_1264116.jpg
勝ちダルマ納め

c0022669_12111212.jpg弘法大師を祀る大師堂の廻りを四国八十八ヶ所の御砂踏み場が囲む


c0022669_1213633.jpg
c0022669_12132119.jpg
本堂


c0022669_12155736.jpg
二階堂は法然上人五番霊場


c0022669_12165176.jpg
多宝塔は昭和62年に修復


c0022669_12194397.jpg
水子堂
[PR]
by MASSIRA | 2005-12-18 12:30 | 巡礼/西国三十三