仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:お出かけ ( 93 ) タグの人気記事

浄土宗総本山 知恩院

c0022669_22212015.jpg
正式名称は華頂山知恩教院大谷寺
浄土宗の宗祖法然上人が後半生を過ごし
そして没した 所縁の地に建立されたお寺です
c0022669_2223020.jpg
三門
高さ24m 横幅50m 屋根瓦約7万枚という
現存する木造建築としては国内最大の楼門です
「空」「無相」「無願」
解脱の境地を表わす門の意味で
三門(三解脱門)と呼ぶのだそうです
二代将軍徳川秀忠公によって建立されました
c0022669_2223555.jpg
三門の偉容に圧倒されながら階段を上ると
なにやらイベントの準備中
c0022669_22234242.jpg
『アジアスーパークラシックス@知恩院』のリハーサルでした

c0022669_22285899.jpg


その中になんと
私の大好きな胡弓奏者
姜建華さんが!
暫し聴き惚れてしまいました

映画『ラストエンペラー』以来
ワールドワイドに活動を続ける
超一流のアーティストです

c0022669_22232726.jpg
三門前の男坂が観客席になってます


思いがけないプレゼントに とてもよい心持ちで
大殿・御影堂へ向かいました
[PR]
by massira | 2006-10-24 22:52 | 仏詣/京都

飛行船

c0022669_7444088.jpg
お寺の瓦屋根の上空に飛行船

私が最近使っているコンデジは28mmですが
こういう場合にとても不向き
この写真は連れの愛機 初代IXY DIGITAL
バッテリーの持ちはとんでもなく短いですが
まだまだ現役です
[PR]
by massira | 2006-10-23 08:36 | 仏詣/京都

青蓮院門跡 その2

c0022669_0171633.jpg
c0022669_0173253.jpg
c0022669_018280.jpg
『霧島の庭』は小堀遠州の作
続く茶室好文亭を抜け 龍心池の裏手を通って
本堂へ戻る 一周10分ほどの庭園散歩です
c0022669_0385597.jpg
竹林の奥にある日吉社
c0022669_040391.jpg
本堂裏手にあった井戸
怖かったけれどちょっと覗いてみました
c0022669_0403784.jpg
宸殿前は一面の杉苔

c0022669_0412431.jpg
植髪堂
親鸞聖人が剃髪された髪を植えた童形像が
祀られているそうです
c0022669_0414580.jpg
植髪堂脇の遺髪塔(違うかも?)と右奥・子授観音
[PR]
by massira | 2006-10-23 00:45 | 仏詣/京都
c0022669_2257168.jpg
c0022669_22572854.jpg
京都国立近代美術館にて

若冲/芦雪/応挙/簫白など名だたる画家の
すばらしい作品が並びます
けれど・・・ちょっと窮屈なかんじ
もっと広い会場で観たかったです・・・
芦雪の『白象黒牛図屏風』なんて
少し距離をとって観たいじゃないですか
でも反対側の壁の絵を観てる人にぶつかってしまう
総点数109点
欲張りすぎです
[PR]
by massira | 2006-10-22 01:47 | お出かけ

元伊勢 籠(この)神社

c0022669_2074291.jpg
伊勢神宮がここから伊勢へ移されたということで 元伊勢と呼ばれます
主神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)
彦火明命が竹で編んだ籠船に乗り
海の彼方・龍宮へ行かれたという故事によって
社名を「籠(こ)の宮」としたと伝えられています
c0022669_2094036.jpg
魔除の狛犬
夜な夜な抜け出しては天橋立を駆け回り
人々を脅かしたのだそうです
剣豪・岩見重太郎に倒されて
以来おとなしくお社の守護に専心しています
c0022669_2095579.jpg
c0022669_20101080.jpg
手前から天照大神和魂社/春日社/猿田彦社/真名井稲荷
c0022669_20104449.jpg
c0022669_20112135.jpg
裏参道の狛犬もよいお顔しています

傘松公園で絶景を堪能した後 登山バスで
成相寺へ向かいます
[PR]
by massira | 2006-10-15 20:51 | お出かけ

信長の館→安土駅

c0022669_2225878.jpg
安土城天主 信長の館
安土城最上部 5・6階部分が復元展示されています
c0022669_22253179.jpg
c0022669_22261432.jpg
c0022669_22263126.jpg
c0022669_22275387.jpg
旧柳原学校校舎
明治9年建設の 可愛らしい小学校校舎です
c0022669_22283114.jpg
繖山
c0022669_2228538.jpg
日差しはちょっときつめですが うららかな午後です
c0022669_22294337.jpg
安土駅に到着
 「安土ぶらんど館」は物産情報館とのことですが 覗かず終い
c0022669_223035.jpg
信長像がお見送りしてくれました
[PR]
by massira | 2006-10-12 00:03 | お出かけ

繖山 桑実寺

c0022669_2228860.jpg

c0022669_22263725.jpg
宗 派 天台宗
ご本尊 薬師如来座像
開 山 藤原定恵

西国薬師第四十六番霊場は
天智天皇の勅願により
藤原鎌足の長男・定恵が
677年創建したと伝えられる古刹です

定恵は中国から桑の木を持ち帰り
養蚕技術を広めました
それが寺名の由来となっています

c0022669_22275275.jpg
池の主が顔をのぞかせています
c0022669_22282496.jpg
竹生島参詣で信長が留守の間に桑実寺を訪れた女中を
「怠け者は不要である」と
かばった僧侶もろとも切り捨てたという
とんでもない というか信長らしい逸話が残っています
c0022669_22284326.jpg
c0022669_22265350.jpg
500段続く石段
c0022669_22272173.jpg
ようやく麓まで降りてきました

近江風土記の丘 信長の館を
ちょっとだけのぞいてみます
[PR]
by massira | 2006-10-10 23:13 | お出かけ

観音寺城趾

c0022669_19431966.jpg
観音正寺濡れ仏の脇から 山道へ入って行きます
c0022669_19413923.jpg
城址までは10分足らず
c0022669_1942324.jpg
廃城になってからすでに400年経ちますが
いまだ いたる所に石垣が残ります
c0022669_1944147.jpg
倒木もそのまんま
c0022669_1943397.jpg
c0022669_19433870.jpg
桑実寺までは 20分の下りです
[PR]
by massira | 2006-10-09 20:30 | お出かけ

繖山 観音正寺 その2

c0022669_1181915.jpg
西国三十三観音 三十二番札所は
 眼下に蒲生野を一望できる安土のお寺です

c0022669_1184428.jpg


宗 派:天台宗
本 尊:千手千眼観世音菩薩
開 基:聖徳太子


 あなとうと
 導きたまえ 観音寺
 遠き國より はこぶ歩みを



c0022669_119189.jpg
仁王門がありません
c0022669_1193292.jpg
c0022669_1194527.jpg
鐘楼
c0022669_1202992.jpg
濡佛は銅製の丈六釈迦如来坐像
その胎内には信徒の写経が納められているそうです
c0022669_1201431.jpg
可愛らしい樽製の小さな祠

本堂・ご本尊ともに平成5年の火事で焼失
十年の時を経て復興されました
白檀を刻んだ千手千眼観世音菩薩は
丈六仏でかなりの迫力です


次は城址経由で桑実寺へと向かいます
[PR]
by massira | 2006-10-07 01:34 | 巡礼/西国三十三

繖山 観音正寺 その1

JR能登川駅よりバスで観音寺口下車
まず見えてきたのは結神社です
c0022669_122560.jpg
信長が長篠の戦いの前 ここで戦勝祈願したのだそうです
c0022669_1222027.jpg
神社の境内に観音正寺裏参道入り口があります
c0022669_1223553.jpg
c0022669_1213092.jpg
地味〜に山登り
まだまだ暑く すぐに汗だくだくです
c0022669_121295.jpg
c0022669_123732.jpg
半ばを過ぎると景色も良くなってきました
c0022669_1232325.jpg
車道と合流した後は平板な道が続きます
c0022669_1203652.jpg
奥の院入り口
ゴールはもうすぐです
[PR]
by massira | 2006-10-06 01:44 | 巡礼/西国三十三