仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
c0022669_23454136.jpg
藤原鎌足を祖先に持つ日野家の菩提寺です
浄土真宗の開祖・親鸞上人ご誕生の地でもあります
平安時代末には多くの堂宇が建ち 隆盛を誇りましたが
度重なる戦火によって失われ
現在は阿弥陀堂と薬師堂を残すのみとなりました

c0022669_23462215.jpg
法界寺は西国薬師第38番
安産や授乳にご利益のある
「乳薬師」と親しまれるお寺です

宗 派:真言宗醍醐派
本 尊:薬師如来
開 山:藤原家宗卿

御詠歌
おさなごは
つゑよはしらの  ひのやくし
ちちをたまわる  ははとこそしれ

c0022669_23562820.jpg
薬師堂(本堂、重文)
現在の建物は明治37年(1904)に
奈良県龍田の伝燈寺本堂を移築したものだそうです
内陣厨子に安置されているご本尊・薬師如来立像は
平安時代後期の作(秘仏)
日野家に代々伝わる伝教大師・最澄自刻の三寸の薬師像が
胎内仏としておさめられていたことから
安産や授乳にご利益がある「乳薬師」として
妊婦さんらに厚く信仰され 親しまれています
祈願すれば妊婦の乳の出も良くなる? のだとか
堂内にはよだれ掛けがたくさん奉納され 掛けられていました

c0022669_23522780.jpg
阿弥陀堂(国宝)
鎌倉時代初期の建築
平等院の鳳凰堂と時を同じくして建てられましたが 承久の乱で焼失
ほどなく再建されたものです
五間五面の桧皮葺・宝形造 藤原時代の様式を残す貴重な建築物です

中央に鎮座する国宝阿弥陀如来像は11世紀末 名仏師・定朝の作
藤原時代らしいおだやかな表情の丈六仏は 寄木造の漆箔
光背には透かし彫りの飛天が軽快に舞っています
また 内陣の壁には天人壁画が
四本の柱には金剛界曼荼羅の諸像六十四像と宝相華唐草が描かれていて
創建当時の色彩をわずかに残しています。
残念ながらこの日は雪もちらつく曇天で堂内は暗く
ご住職は懐中電灯片手に説明してくださいました
c0022669_2357629.jpg
阿弥陀堂裏手の鐘楼
c0022669_2359250.jpg

[PR]
# by massira | 2008-01-29 00:45 | 仏詣/京都

旅先の猫/富田林編

c0022669_155155.jpg
c0022669_161059.jpg
c0022669_162660.jpg

[PR]
# by massira | 2007-10-15 01:07 | 旅先の猫
c0022669_0105189.jpg

[PR]
# by massira | 2007-09-03 00:11 | ご近所の猫

東大寺 戒壇院戒壇堂

c0022669_7154315.jpg
c0022669_7321890.jpg

c0022669_7372588.jpg

 東大寺戒壇堂の四天王像といえば
 奈良時代の塑像の最高傑作
 元々は東大寺内の中門堂にあったものを
 後に移されたのだそうです
 堂内の広さとのバランスが
 ちょっと悪くて
 四隅にぽつんぽつんと立つお姿が
 寂しそうに見えてしまいます  けれど
 その分 一体ずつ
 じっくり見る事ができます
 天平彫刻の代表作 堪能しました


c0022669_7375189.jpg
興福寺の鹿を横目に家路につきました
[PR]
# by massira | 2007-09-02 08:32 | 仏詣/奈良
般若寺の目の前に小さな牧場がありました
c0022669_2044220.jpg

c0022669_20123818.jpg
ほどよく冷えた牛乳でひと息
c0022669_20224167.jpg
お店の奥に牛舎がありました
ミニホース 暑さでへたってます
c0022669_20244085.jpg
ポニーは日陰で休憩中
c0022669_20321397.jpg
さて 次の目的地へ移動です
バス道路から1本それると よい感じの田園風景が・・・

c0022669_20473876.jpg
正倉院裏手にあるのが 思惟山 五劫院です

c0022669_20541157.jpg

 お盆前の
 特別公開期間中ということで
 事前予約無しで
 拝観できました

 タレントのはなさんが
 “奈良のお母さん”と慕う
 阿弥陀如来座像が
 鎮座します



c0022669_2140322.jpg

五劫という
気の遠くなるような長い期間
思惟をこらし修行をされた
・・・
というお姿を
伸びるにまかせた
日本髪のような髪型で
表現されているのが
こちらの五劫思惟阿弥陀仏です

 写真はパンフレットより転載

c0022669_21222553.jpg
本堂

念願だったご本尊との対面を果たして
さて お次は・・・
正倉院のわきを抜け 東大寺の戒壇院を目指します
[PR]
# by massira | 2007-09-01 22:07 | 仏詣/奈良