仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

旅先の猫/當麻寺編

c0022669_0362849.jpg
c0022669_036445.jpg
c0022669_0371779.jpg
c0022669_0373114.jpg
c0022669_0375335.jpg
c0022669_0382390.jpg
c0022669_0384036.jpg
c0022669_0385390.jpg


当麻寺・・・猫パラダイスです!
[PR]
by massira | 2008-02-13 00:42 | 旅先の猫

橿原神宮

c0022669_0184332.jpg
御祭神は神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命
神武天皇が畝傍山の東南 橿原の地に宮を建てられ
初代の天皇として即位の礼を行いました
その宮址に明治23年 創建されたのがこの橿原神宮です
c0022669_019829.jpg
外拝殿
その威容を誇るかのような 堂々のたたずまいです
c0022669_0192947.jpg
内拝殿
重要な祭典もしくは特別参拝の時のみ使用される拝殿です
c0022669_0195139.jpg
深田池
c0022669_02095.jpg
c0022669_0203970.jpg

広大な池の周囲を半周する形で散策したのち
今度は當麻寺へ向かいました
[PR]
by massira | 2008-02-12 00:56 | お出かけ

旅先の猫/橿原神宮編

c0022669_1274025.jpg
c0022669_1275559.jpg
c0022669_1281270.jpg
c0022669_1285869.jpg

[PR]
by massira | 2008-02-10 01:29 | 旅先の猫

霊禅山 東塔院 久米寺

順番が逆になりましたが 今年はこのお寺から巡礼スタートです
c0022669_048179.jpg

c0022669_0483472.jpg
久米寺は西国薬師第7番
眼病に霊験あらたかなお寺です

宗 派:真言宗御室派
本 尊:薬師瑠璃光如来
開 基:来目皇子?
     久米仙人?

御詠歌
法の水
久米のみそらへ 流れ来て
濁るこころを す萬すもろ人

c0022669_049437.jpg

聖徳太子の弟君が7才で眼病を患い
ここの薬師如来に願を掛けたところ 平癒されたということで
来た目と喜ばれ 以来くめでら(久米寺)と呼ばれるようになったとか
ご本尊の薬師如来は
衆生の眼病の悩みを一身に引き受けて その右目を赤く濁らせています

また 久米寺は久米仙人の伝説でも有名なお寺です
吉野の龍門山で修行をし 神通力を身につけた久米仙人は
ある日 空を飛んでいたところ
吉野川で洗濯をしている若い娘のふくらはぎに見とれ
動揺して墜落してしまう・・・というお茶目なエピソード
東大寺大佛殿建立の際には
その神通力で瞬く間に建設資材を運び集め
その褒賞として免田30町を賜っています
久米仙人は 世の中の中風などの病を除こうと祈念し 
自分の髪・歯・肉などを埋め込み 自らの像を彫りました
本尊・薬師如来のその横奥にその像が残っています
どこかユーモラスな 味わい深いお顔をなさっていました

c0022669_049481.jpg
c0022669_050337.jpg
c0022669_0501760.jpg
弘法大師・空海が23歳の時
大毘廬遮那経を探して旅をしていたところ 久米寺にて発見します
後に唐より帰国した空海は真言宗を開宗し
ここで初めて大日経を説いたという 
久米寺は実は真言宗の聖地でもあったのでした
c0022669_0504916.jpg
多宝塔
京都・仁和寺から移築されたものだそうです
c0022669_051117.jpg
かわいらしい手水所の彫刻
[PR]
by massira | 2008-02-09 23:46 | 仏詣/奈良

ご近所の猫/北長狭通編

c0022669_0311534.jpg
c0022669_0313156.jpg

[PR]
by massira | 2008-02-07 00:31 | ご近所の猫

霊亀山 天龍資聖禅寺

c0022669_22441613.jpg

c0022669_22451523.jpg
京都五山のひとつ
天龍寺は
足利尊氏が
後醍醐天皇の菩提を弔うため
嵐山を背景とする亀山離宮を
禅寺にあらためた
臨済宗天龍寺派の総本山です

宗 派:臨済宗天龍寺派
本 尊:釈迦如来
開 基:夢窓国師


ご朱印は通常300円ですが こちらは200円也
実は判子 ・・・ちょっとがっかりです
c0022669_22464360.jpg
蓮池
花の季節は壮観でしょうね
c0022669_2333016.jpg
参道の先に庫裏が見えてきました
c0022669_238263.jpg
庫裏 この左手に大方丈(本堂)があります
大方丈中央には釈迦如来像が安置されていますが
そのご尊顔を拝することはできませんでした
c0022669_23135522.jpg
曹源池庭園
夢窓国師作庭の廻遊式庭園です
池の前庭には州浜形の汀や島が配せられ
嵐山や亀山を借景として取り入れています
c0022669_2317593.jpg
池に面して龍の襖絵が描かれていました
c0022669_23233396.jpg
書院から延びる廊下の先に「多宝殿」が建てられています
写真は振り向いた状態 書院側をのぞむ図
c0022669_23241488.jpg
多宝殿は後醍醐天皇が幼少の折 勉学し成人した場所で
後醍醐天皇の聖廟として 天皇の像が安置されています
c0022669_23253578.jpg
多宝殿奥の百花苑
この時期 椿と蝋梅が見頃でした
c0022669_23331165.jpg
c0022669_23332998.jpg
c0022669_23481082.jpg
望郷の丘
意外と遠くまで見渡せます
c0022669_23335469.jpg
法堂
蛤御門の変で焼失した法堂の代わりに 
旧坐禅堂(選仏場)が移築されたものです
須弥檀の中央には 釈迦・文殊・普賢の釈迦三尊像が鎮座
天井には加山又造画伯による雲龍図
直径9m 巨大な八方睨みの龍が躍動していました
[PR]
by massira | 2008-02-06 00:32 | 仏詣/京都