仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー

<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

c0022669_23211579.jpg

c0022669_23215922.jpg


仮金堂
中金堂が復興されるまでの間
興福寺の金堂としての
役割を担います
本尊は釈迦如来像
薬王・薬上両菩薩を脇侍としています
法隆寺金堂と同じ
古いタイプの組み合わせ
なのだそうです

c0022669_23204189.jpg
東金堂
本尊は薬師如来坐像 脇侍は日光・月光両菩薩
文殊菩薩座像・維摩居士座像・十二神将立像
さらに四天王立像が所狭しと並んでいます
お堂に奥行きがないので 間近で見られました
c0022669_23185876.jpg
c0022669_2320643.jpg
東金堂と五重塔
c0022669_23205954.jpg
五重塔
創建者藤原不比等の娘光明皇后が建立しました
五回の焼失・再建を経て 15世紀初頭に建立
現存する塔の中では国内二番目の高さを誇ります
[PR]
by massira | 2006-10-31 00:10 | 仏詣/奈良

『応挙と芦雪』展

c0022669_1142783.jpg
奈良県立美術館
c0022669_1152348.jpg
京都のプライスコレクションから一転
すごく贅沢な(?)スペースの使い方でビックリ 笑
見事な作品が並びますが 少々ボリュームが足りなすぎ

芦雪の襖絵『虎図』や『唐子遊図』(無量寺蔵)など
美術館ではなくて
襖として機能している状態で
その空間の中で見てみたいなぁと
とても感じさせられました

展示の仕方
もう少し工夫が必要 と思います
[PR]
by massira | 2006-10-29 11:33 | お出かけ
c0022669_0343979.jpg
四条通に面した商店街の直中にあります

c0022669_035047.jpg
鴨川の出水防止を祈願した
「雨止めの地蔵」が
後に 雨止めが転じて
目疾地蔵となった とも
眼病の治療に
霊験あらたかであるから とも
観劇や参拝に訪れた人々が
雨に降られ
ここで雨宿りをしたことから
そう呼ばれるようになった とも
目疾(めやみ)の謂れには
諸説あるようです

c0022669_0342443.jpg
他にもこの狭い境内に
重文の千手観音菩薩座像であるとか
走り大黒天などが見られます
[PR]
by massira | 2006-10-28 00:59 | 仏詣/京都

知恩院古門界隈

c0022669_8102637.jpg
知恩院古門
c0022669_811442.jpg
古門前橋から白川を臨みます
ブログでは初のツーショット写真です 笑
c0022669_8112571.jpg
一澤信三郎帆布
午前中でほぼ売り切れ状態
向かいのお店はというと・・・しばらくは土日休業だそうです
[PR]
by massira | 2006-10-27 08:31 | 仏詣/京都
c0022669_2312986.jpg
国宝「御影堂(みえいどう)」

c0022669_23153110.jpg



現在は集会堂の工事中
三門の特別拝観期間にも
合わせられなかったので
今回は半分のみの拝観に
とどめることにしました
後は次回のお楽しみということで

c0022669_23123063.jpg
この真上あたりに知恩院七不思議の一つ
左甚五郎が魔除けのために置いていったと言われる
『忘れ傘』が見られます
c0022669_2313645.jpg
鴬張りの廊下の角には 象の土鈴?でしょうか 
c0022669_23132115.jpg
御影堂から阿弥陀堂への渡り廊下
c0022669_23133918.jpg
阿弥陀堂
c0022669_23135152.jpg
阿弥陀堂には丈六の阿弥陀仏
外からもそのご尊顔を拝することができました
c0022669_23142873.jpg
霊塔
c0022669_23141426.jpg
御影堂の南東に建つのは経蔵(重文)です
和洋折衷で独特の造形美を誇ります
c0022669_2315098.jpg
c0022669_23152035.jpg
大鐘楼
京都方広寺 奈良東大寺とならんで
日本三大釣鐘と称えられる大鐘です
[PR]
by massira | 2006-10-26 00:48 | 仏詣/京都

浄土宗総本山 知恩院

c0022669_22212015.jpg
正式名称は華頂山知恩教院大谷寺
浄土宗の宗祖法然上人が後半生を過ごし
そして没した 所縁の地に建立されたお寺です
c0022669_2223020.jpg
三門
高さ24m 横幅50m 屋根瓦約7万枚という
現存する木造建築としては国内最大の楼門です
「空」「無相」「無願」
解脱の境地を表わす門の意味で
三門(三解脱門)と呼ぶのだそうです
二代将軍徳川秀忠公によって建立されました
c0022669_2223555.jpg
三門の偉容に圧倒されながら階段を上ると
なにやらイベントの準備中
c0022669_22234242.jpg
『アジアスーパークラシックス@知恩院』のリハーサルでした

c0022669_22285899.jpg


その中になんと
私の大好きな胡弓奏者
姜建華さんが!
暫し聴き惚れてしまいました

映画『ラストエンペラー』以来
ワールドワイドに活動を続ける
超一流のアーティストです

c0022669_22232726.jpg
三門前の男坂が観客席になってます


思いがけないプレゼントに とてもよい心持ちで
大殿・御影堂へ向かいました
[PR]
by massira | 2006-10-24 22:52 | 仏詣/京都

飛行船

c0022669_7444088.jpg
お寺の瓦屋根の上空に飛行船

私が最近使っているコンデジは28mmですが
こういう場合にとても不向き
この写真は連れの愛機 初代IXY DIGITAL
バッテリーの持ちはとんでもなく短いですが
まだまだ現役です
[PR]
by massira | 2006-10-23 08:36 | 仏詣/京都

青蓮院門跡 その2

c0022669_0171633.jpg
c0022669_0173253.jpg
c0022669_018280.jpg
『霧島の庭』は小堀遠州の作
続く茶室好文亭を抜け 龍心池の裏手を通って
本堂へ戻る 一周10分ほどの庭園散歩です
c0022669_0385597.jpg
竹林の奥にある日吉社
c0022669_040391.jpg
本堂裏手にあった井戸
怖かったけれどちょっと覗いてみました
c0022669_0403784.jpg
宸殿前は一面の杉苔

c0022669_0412431.jpg
植髪堂
親鸞聖人が剃髪された髪を植えた童形像が
祀られているそうです
c0022669_0414580.jpg
植髪堂脇の遺髪塔(違うかも?)と右奥・子授観音
[PR]
by massira | 2006-10-23 00:45 | 仏詣/京都

青蓮院門跡 その1

c0022669_1675841.jpg
天台宗の京都五箇室門跡の一つです

c0022669_168132.jpg


門跡寺院とは
ご住職が皇族・公家の子弟などの
皇室もしくは摂関家によって
受け継がれてきたお寺のこと
鳥羽法皇が帰依し
第七皇子を弟子として
入寺させたことから
門跡寺院としての歴史が
始まっています

c0022669_1683192.jpg
親鸞聖人御手植と伝えられる門前の大楠
c0022669_1685035.jpg
華頂殿
c0022669_169539.jpg
相阿弥作と伝わる庭園を臨みます
c0022669_16174944.jpg
龍心池
c0022669_1610573.jpg
本堂
ご本尊は熾盛光(しじょうこう)如来
通常は公開されていません 扉は固く閉ざされていました
この裏手に祀られる『青不動』は
高野山の赤不動・三井寺の黄不動とともに
日本三不動と呼ばれています
けれど掛けられていたのは複製画
この国宝を祀る大護摩堂建立のため
現在寄進を募っている最中のようです
c0022669_1693234.jpg
宸殿
c0022669_16104487.jpg
鐘楼
[PR]
by massira | 2006-10-22 16:32 | 仏詣/京都
c0022669_2257168.jpg
c0022669_22572854.jpg
京都国立近代美術館にて

若冲/芦雪/応挙/簫白など名だたる画家の
すばらしい作品が並びます
けれど・・・ちょっと窮屈なかんじ
もっと広い会場で観たかったです・・・
芦雪の『白象黒牛図屏風』なんて
少し距離をとって観たいじゃないですか
でも反対側の壁の絵を観てる人にぶつかってしまう
総点数109点
欲張りすぎです
[PR]
by massira | 2006-10-22 01:47 | お出かけ