仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0022669_856162.jpg

美術出版社 価格3,150円(税込)

まさに「見仏」人必携の書!
国宝・重文に限らず仏像・神像・肖像彫刻を所蔵している
全国1800以上の寺院・神社・美術館・博物館が
各地域の鉄道沿線ごとに掲載されています

秘仏の特別拝観日だとか予約の要・不要も載っているし 沿線別なので
お寺めぐりのスケジュールを組む時 とても重宝する一冊です
[PR]
by massira | 2006-05-21 09:55 |
特別拝観期間中ということで法堂と方丈 浴室を見せていただきました

相国(ショウコク)というのは、「国を相(タス)ける人」の意
中国では宰相、日本では太政大臣のことだそうです
足利義満によって建てられたことが 相国寺の由来と言われています
c0022669_2148637.jpg
総門
c0022669_2149974.jpg
ご朱印には無畏堂(ムイドウ)と書かれています
仏法を説くにあたり畏れの無い事を意味します
c0022669_21514644.jpg
法堂
ご本尊は釈迦如来 脇侍は阿難と迦葉の二代弟子
天井には狩野光信筆による蟠龍図が睨みを利かせています
c0022669_22321358.jpg
裏方丈庭園
方丈は全室見事な襖絵で彩られていました


相国寺を出て阪急烏丸駅まで徒歩で移動
総距離18キロの『週末のお散歩』はこれにて終了
[PR]
by massira | 2006-05-17 23:02 | 仏詣/京都

京都御苑

c0022669_18451012.jpg
寺町御門より中へ
c0022669_18461140.jpg
c0022669_18462814.jpg
至る所に樹齢うん百年というような巨木が
c0022669_18471392.jpg
葵祭の準備でしょうか
すごい量のパイプいすです
c0022669_18464888.jpg
白雲神社
c0022669_184746100.jpg
県井戸(あがたのいど)
c0022669_18481330.jpg
蛤御門
開かずの門が宝永の大火(1708)の際初めて開門されたことから
「焼けて口開く蛤」に例えられ『蛤御門』と呼ばれるようになりました


今出川御門を抜けた先 直進すると相国寺があります
[PR]
by massira | 2006-05-16 19:32 | お出かけ
丸太町通を過ぎると左手には延々京都御苑の緑が続きます
ほどなく右側に新島襄旧邸を発見!
同志社大学の創始者・・・くらいの知識しか
持ち合わせていなかったのですが
一般公開されていたのでのぞいてみました(無料 団体さんは要予約)
c0022669_20542888.jpg
c0022669_20584764.jpg
素敵なバルコニーが印象的な洋風建築です
c0022669_20591364.jpg
c0022669_20593866.jpg
書斎はそれほど広くありませんが
開放的で心地よい空間になっていました
c0022669_2101349.jpg


この数件北には『京都市歴史資料館』があります
一部屋のみの展示スペースには「発見された下張り文書」というテーマで
襖絵の下張り等に再利用された秀吉時代の文書が公開されていました
c0022669_2142497.jpg


寺町御門がすぐ近くに見えたので
京都御苑を通り抜けしてみることにしました
[PR]
by massira | 2006-05-15 21:41 | お出かけ
c0022669_19201336.jpg
西国三十三観音 第十九番札所です

 京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町

開山の行円上人はもと猟師で、射止めた雌鹿が身籠っていたのを見て殺生を悔い、仏門に入ったそうです。行円は布教のとき常に鹿革の衣を着ていたことから、人々は革聖(かわのひじり)と呼び、このお寺を「革堂」と呼ばれるようになりました。
c0022669_19285569.jpg
・・・ずいぶんと豪快な筆さばきです

 宗 派 天台宗
 ご本尊 千手観世音菩薩
 開 基 行円上人

 ご詠歌
  はなをみて いまはのぞみも こうどうの
           にわのちぐさも さかりなるらん
c0022669_1921373.jpg
c0022669_19222191.jpg
革堂は京都七福神巡りの一つで 寿老人がお堂に祀られていますが
外には勢揃いしています
c0022669_1943186.jpg
加茂大明神五輪塔
c0022669_19441655.jpg


寺町通を北進して 次は相国寺を目指します
[PR]
by massira | 2006-05-14 21:13 | 巡礼/西国三十三
c0022669_10215271.jpg
西国三十三観音 第十八番札所です

 京都市中京区六角通東洞院西入る堂ノ前248
 阪急京都線「烏丸」駅下車 徒歩約8分

c0022669_10221921.jpg

 宗 派 天台宗
 ご本尊 如意輪観世音菩薩
 開 基 聖徳太子

 ご詠歌
  わがおもう こころのうちは むつのかど
           ただまろかれと いのるなりけり
c0022669_1023840.jpg
雨の日のお寺めぐりになりました
c0022669_10272057.jpg
裏手の池(聖徳太子沐浴の池跡)には白鳥が
c0022669_1029083.jpg
隣のビルのエレベーターから本堂の全体が臨めます・・・うまく撮れてないけど
c0022669_103458.jpg
本堂東側にある親鸞堂
c0022669_10384664.jpg
かわいらしいお地蔵様もいらっしゃいます
c0022669_10415575.jpg
納経所でご朱印をいただきます
ガイドブック等にもよく出てくる『鳩みくじ』を買いました 
c0022669_10405750.jpg
吉なり
c0022669_1056551.jpg

境内はとても狭いし 車の交通量が多い烏丸通のすぐ側であるにもかかわらず
とても心やすまる空間でした


そぼ降る雨の中 次は行願寺(革堂)へ向かいます
[PR]
by massira | 2006-05-13 23:12 | 巡礼/西国三十三

有馬温泉 その4

温泉寺の脇から階段を上ると湯泉神社です
c0022669_7511135.jpg
子授けの神様として有名なのだそうです
c0022669_753913.jpg
拝殿脇にはかわいらしい大黒様が
c0022669_825066.jpg

c0022669_83384.jpg
本日の締めは極楽寺
c0022669_861287.jpg
受付には誰もおらず 隣の『太閤の湯殿館』の方が呼んでくださいました


最後 ぐるり近辺を散策して帰途につきました

c0022669_818743.jpg
有馬籠は竹細工のお店
c0022669_8213356.jpg
妬<うわなり>源泉は工事中
[PR]
by massira | 2006-05-08 08:32 | 仏詣/兵庫

有馬温泉 その3

c0022669_032290.jpg
清涼院(温泉寺)
c0022669_0333555.jpg
c0022669_0344278.jpg
内陣にはご本尊薬師瑠璃光如来坐像と十二神将
そして日光・月光両菩薩がいらっしゃいます ボリューム満点です
c0022669_0412218.jpg
本堂裏手の坂からは屋根瓦を間近に見られます
[PR]
by massira | 2006-05-08 00:44 | 仏詣/兵庫

有馬温泉 その2

観光案内所でMAPをゲットした後

事前に拝観予約していた善福寺へ
c0022669_01117.jpg
c0022669_012588.jpg
c0022669_02421.jpg
本堂には鎌倉時代作の聖徳太子2歳の像(重文)があります
c0022669_013854.jpg
本堂下には鬼瓦が並んでました
[PR]
by massira | 2006-05-08 00:26 | 仏詣/兵庫

有馬温泉 その1

GW唯一のお出かけは 近場の有馬温泉でお寺めぐりです
c0022669_21144448.jpg
電車は15分に1本 乗り換え接続はスムーズです
c0022669_21132497.jpg
c0022669_21221425.jpg
ねねの橋
c0022669_21225948.jpg
天神社
c0022669_2132443.jpg
天神泉源はかなり勢い良く湧き出てそうです
[PR]
by massira | 2006-05-07 21:44 | 仏詣/兵庫