仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:お出かけ( 47 )

橿原神宮

c0022669_0184332.jpg
御祭神は神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命
神武天皇が畝傍山の東南 橿原の地に宮を建てられ
初代の天皇として即位の礼を行いました
その宮址に明治23年 創建されたのがこの橿原神宮です
c0022669_019829.jpg
外拝殿
その威容を誇るかのような 堂々のたたずまいです
c0022669_0192947.jpg
内拝殿
重要な祭典もしくは特別参拝の時のみ使用される拝殿です
c0022669_0195139.jpg
深田池
c0022669_02095.jpg
c0022669_0203970.jpg

広大な池の周囲を半周する形で散策したのち
今度は當麻寺へ向かいました
[PR]
by massira | 2008-02-12 00:56 | お出かけ

わかやま電鉄貴志川線

いちご電車と貴志川駅長のたまで一躍有名になった
わかやま電鉄貴志川線に乗ってきました
c0022669_8183093.jpg
乗ったのはこの夏登場のおもちゃ電車「omoden」
c0022669_8215298.jpg
終点の改札で駅長の「たま」がお出迎え
c0022669_8235177.jpg
c0022669_8255790.jpg
子供たちに触られまくりで少々ご機嫌斜め
しまいに駅長室へこもってしまいました
c0022669_8263817.jpg
駅外観
周囲は・・・な〜んにもありませんでした
c0022669_8273991.jpg
売店前の小屋の中で 母猫ミーコと同居猫のチビが休憩中
c0022669_8303925.jpg
・・・・・・めっちゃ カワイイです〜
[PR]
by massira | 2007-08-28 08:35 | お出かけ

雲のカタチ

c0022669_15523585.jpg
雨上がりの夕焼け空
このあと まだまだお仕事続きました(泣
[PR]
by massira | 2007-02-15 23:50 | お出かけ

大阪天満宮

c0022669_15212876.jpg
天満の天神さんに到着です
c0022669_15214210.jpg
本殿
「天神祭」は日本三大祭のひとつ
毎年7月24・25日 道真公ご生誕の日に催されます
ここから陸渡御(りくとぎょ)の大行列が出発するそうです
c0022669_15225096.jpg
八坂社
c0022669_1524442.jpg
白米稲荷社
c0022669_15241683.jpg
大将軍社
本殿北側にはたくさんの摂社が建っています
大将軍社は管公が九州太宰府へ向かう直前参詣に来た場所
管公の死後 霊光を放つ7本の松が
このお社の前に突然生えたというのが
この地に天満宮が創建・鎮座されたきっかけだそうです
c0022669_15251982.jpg
星合池
梅林が見頃でした
c0022669_15254013.jpg
c0022669_15255447.jpg
c0022669_1526578.jpg

[PR]
by massira | 2007-02-14 23:19 | お出かけ

天神橋筋商店街

c0022669_013165.jpg
7丁目(てんひち)から南下すること2km強
かつて「十丁目筋商店街」と呼ばれていた天神橋筋商店街は
その全長が日本一とも言われます
c0022669_014639.jpg
天満天神繁盛亭
関西では60年ぶりに復活した落語専門の定席
毎日昼と夜 公演が開かれるそうです

この寄席の南すぐに
大阪天満宮があります
[PR]
by massira | 2007-02-11 23:57 | お出かけ

北野天満宮 その2

“東風吹かばにほひをこせよ梅花 主なしとて春を忘るな”

 ー菅原道真が無実の罪で九州・大宰府へ左遷される際
   自宅に咲く梅の花を見て詠んだ句と言われています

北野天満宮は梅の名所
境内いたる所に植えられていますが
花の季節はもう少し先のようです
c0022669_0232890.jpg
c0022669_023415.jpg
蝋梅はすでにちらほらと 咲き出しています
c0022669_023554.jpg
c0022669_024654.jpg
早咲きの梅には先客がいました
c0022669_0243268.jpg
灯籠も梅の花
[PR]
by massira | 2007-01-25 00:31 | お出かけ

北野天満宮

天神様 菅原道真公を祀ります

菅原道真公は無実の罪で配流され 大宰府で没しますが
彼の死後 都では天災や疫病が相次ぎ
道真の祟りでは・・と噂がたち 人々に恐れられました
 
右京七条の巫女・多治比文子(たじひの あやこ)に
『われを北野の右近の馬場に祀れ』 と天神のご神託があり
この地に道真を祀る社殿を造営したのが天満宮の始まりとされています
江戸時代に入ると道真の御霊としての性格は薄れ 学問の神として
広く信仰されるようになり 寺小屋などで道真公の分霊が祀られました
いつしか「天神さん」の愛称で親しまれ 受験生の合格祈願で
有名な神社として 広く知られるようになりました
c0022669_015133.jpg
楼門
c0022669_013447.jpg
牛は天神様のお使いです 楼門をくぐるとすぐに赤目の臥牛像発見
c0022669_014427.jpg
楼門左手にある絵馬所
ここで奉納する絵馬に願い事をしたためます
c0022669_014798.jpg
絵馬掛所
毎年十数万にもおよぶおびただしい数の絵馬が奉納されるそうです
この日もいろんなお願い事を絵馬に託す人たちが列なしてました
c0022669_0142753.jpg
撫で牛
大宰府にて生涯を閉じられた菅公は
『我が亡骸を牛車にて運び 牛が伏した地に埋葬するように』
という遺言を残します
そうして 牛が横たわり動かなくなった場所に御墓所が設けられ
社殿を建立して 神霊を御奉祀する神社が建てられました
これが大宰府天満宮の発祥のいわれです
撫で牛はそのとき横たわった牛を模したもの
自分の身体で治したい所を撫でてから
牛の像の同じ箇所を撫でると病気が治るといわれます
頭と角には学芸上達・試験合格の効能も!
よく撫でられて ピカピカです
c0022669_0242074.jpg
三光門(中門)
c0022669_0134994.jpg
c0022669_0102784.jpg
拝殿
c0022669_0132088.jpg
地主神社
北野天満宮ご鎮座以前からの地主の神で 境内でもっとも古いお社です
本殿は一般的に楼門の真正面に建ちますが
天満宮創建の際には 既に正面に建っていた地主神社を避けたため
やや西よりにずれた位置に本殿が建てられたのだそうです
c0022669_0133253.jpg
末社 文子天満宮
北門近くにたつこのお社は 道真のご神託を受けた多治比文子を祀ります
[PR]
by massira | 2007-01-24 00:44 | お出かけ

亀石

c0022669_1444520.jpg
c0022669_232173.jpg
橘寺から約10分
途中道路が工事中で少し遠回りを強いられましたが無事到着
思ったより狭いスペースに 思ったより大きな石像は
シンプルながらとても魅力的です
[PR]
by massira | 2006-12-30 23:49 | お出かけ

明日香散策 おまけ

c0022669_002226.jpg
名付けるなら“昭和の壁” …?
いい味だしてます〜
[PR]
by massira | 2006-12-28 23:58 | お出かけ

石舞台古墳

c0022669_2352337.jpg
7世紀初頭に造られたこの巨大な遺構は
蘇我馬子の墓では? と言われています
c0022669_23522938.jpg
c0022669_23524669.jpg
混み合ってます
c0022669_2353582.jpg
c0022669_23531856.jpg
日も傾いてきました
先を急がねばっ! 次は橘寺へ向かいます
[PR]
by MASSIRA | 2006-12-27 23:50 | お出かけ