仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:仏詣/大阪( 4 )

c0022669_895822.jpg
c0022669_8101231.jpg

斉明天皇は
先帝孝徳天皇の菩提を弔うため
長柄豊崎宮跡に
「長柄寺」を建立します
聖武天皇が発した
一国一寺の
国分寺創建の詔勅によって
国分寺と改称されました
通称 長柄国分寺
真言宗国分寺派の大本山です



ご詠歌
み仏の 譲り給える 国分寺 ゆるぎなき世の 鎮めなりけり
c0022669_885197.jpg
朱色の鐘楼
弘法大師のご生誕1200年を記念して建てられました
下層には 「天六ガス爆発」の犠牲者が供養されています
1970年4月8日地下鉄工事の際に起きた
死者79人・負傷者420人という大惨事でした
c0022669_892751.jpg
霊明殿
ご本尊は阿弥陀三尊 脇侍に観音・勢至両菩薩
c0022669_89832.jpg
弘法大師像
c0022669_87299.jpg
山門左手に石仏・水かけ不動尊が
二童子をしたがえ立ってらっしゃいます
水をかけながら祈願すると災いがなくなるのだそうです
近畿36不動尊 第7番
c0022669_881566.jpg
1965年落慶の「昭和金堂」
ご本尊は薬師如来で西国49薬師霊場第17番札所となっています
c0022669_882871.jpg
足下には仏足石
c0022669_88062.jpg
護摩堂
立派な仁王様が両脇を固めます
お堂の前に立つと 奥から誰かがのぞいてる?
護摩堂の裏へ回ると
充実した実りある人生を送らせてくださるという「みのり不動尊」が
イチョウの大木の下にいらっしゃいました
c0022669_87446.jpg
親しみ易すぎ?な不動明王です
[PR]
by massira | 2007-02-08 08:21 | 仏詣/大阪

道明寺

c0022669_1944374.jpg
道明寺
近鉄南大阪線 道明寺駅下車 徒歩6分
c0022669_1945544.jpg
菅原道真公が自ら刻んだといわれる
国宝十一面観世音菩薩像が御本尊の古義真言宗の尼寺です。
c0022669_198307.jpg
本堂
拝観料は500円 ご本尊は毎月18,25日御開扉されます
c0022669_19594445.jpg


野中寺からの道行きは はっきり言って歩くのに不向きです
車の往来がとても多く排気ガスがすごいし
道の脇を通る水路は ドブ臭いし・・・
途中降り出した雨が 多少やわらげてくれましたが
再び歩こうとは決して思えない道のりでした
点在する古墳群を経由しながら上手に散策するコースを
もう少し研究してから行った方が良かったかも
[PR]
by massira | 2006-03-26 20:34 | 仏詣/大阪

道明寺天満宮

c0022669_1793215.jpg
道明寺天満宮
c0022669_17102711.jpg
榊莫山先生による一茶の句碑
c0022669_17112535.jpg
なで牛
牛は天神さま・菅原道真公のお使いとして信仰されています
c0022669_1719263.jpg
本殿
c0022669_17203568.jpg
狛犬も観覧? 能楽殿
c0022669_17235138.jpg
修羅(復元品)
古墳を造るときに必要な巨大な石を運ぶソリです

c0022669_17281577.jpg
c0022669_17283260.jpg
社殿裏手の梅園
まさに見頃 一番良い季節に参詣したのかも
[PR]
by massira | 2006-03-23 17:10 | 仏詣/大阪

〜野中寺

c0022669_1812649.jpg
辛国神社
c0022669_1820216.jpg
しだれ梅でしょうか 満開でした

c0022669_18243130.jpg
野中寺を目指して歩くこと数分
特徴的な外観の「アイセルシュラホール」が姿を現します
「船形はにわ」と「修羅」をイメージしてデザインしたものだそうで
この「修羅」というのは 古墳時代の巨石運搬用そりのこと

c0022669_18335552.jpg
c0022669_18342780.jpg
仲哀天皇陵
前方後円墳の墳丘長は242m
この地域には大小さまざまな古墳が点在しています


道は細いし車の往来は結構激しいし ちょっと歩きにくい道のりです


c0022669_18441330.jpg
野中寺
聖徳太子と蘇我馬子の建立と伝えられる飛鳥時代のお寺です
俗に「中の太子」と呼ばれ、河内三太子のひとつに数えられています
c0022669_18444040.jpg

ここでのお目当ては毎月十八日に拝観が許される
重文の弥勒菩薩半跏思惟像
とても良いお顔立ち じっくり目に焼き付けてきました
c0022669_18543464.jpg
本堂
ご本尊は薬師如来です
c0022669_18582265.jpg
大師堂
c0022669_18585651.jpg
塔跡
c0022669_1920678.jpg
経蔵前の梅も見頃でした
c0022669_19225124.jpg
西古墳石棺


堺羽曳野線を東に 次は道明寺を目指します
[PR]
by massira | 2006-03-21 19:31 | 仏詣/大阪