仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

16番 瑞応山 大報恩寺(千本釈迦堂)

c0022669_1822923.jpg
今出川通から路地に入ると突き当たりに見えているのが
お目当ての大報恩寺 通称千本釈迦堂です

c0022669_1824231.jpg



宗 派:真言宗智山派
本 尊:釈迦如来、六観音
開 基:求法上人義空

ひとすぢに 仏の教 たどりなば
千本の道も 迷わざるらむ





鎌倉時代のはじめ頃 藤原秀衡の孫である求法上人義空が
釈迦念仏の道場として釈迦如来像・十大弟子像を安置したのが始まり
義空は比叡山で天台密教を会得した後 この地に諸伽藍を建立しました
本尊である釈迦如来像にちなんで「釈迦堂」と云われますが
嵯峨の清凉寺釈迦堂と区別するため千本釈迦堂と呼ばれます
“千本”とは南北に走る千本通の近くに建つことから
c0022669_18325017.jpg
本堂は檜皮葺きの寝殿造り
応仁の乱をはじめ数度に及ぶ戦火や大火から免れ
市内に現存する寺院としては最も古い国宝建造物のひとつです
ご本尊は行快作の「釈迦如来座像」ですが 秘仏で見られず
内陣の柱には応仁の乱の時つけられたという刀傷が多数残っていました
c0022669_1856190.jpg
本堂奥に建つ“千体地蔵塔”
c0022669_18375636.jpg
寺務所裏手にある「霊宝館」は必見!
数多くの寺宝が展示・公開されていますが
定慶作の「六観音像」や 快慶晩年の作「釈迦十大弟子像」などが
ズラリと立ち並ぶその様には ただただ圧倒されてしまいます
c0022669_18384895.jpg
北野経王堂
明徳の乱で敗戦死した山名氏清とその一族 さらには
戦いに倒れた敵・味方兵士を弔うため
足利義満が建立したとされる北野経王堂願成就寺が
後に解体縮小し移されたのがこのお堂なのだそうです
c0022669_18395189.jpg
不動明王堂には山名氏由来の念持仏が祀られています
c0022669_1842055.jpg
「おかめ像」
上人が本堂を建てる際 当時名工として名を馳せていた
飛騨の匠 高次を総棟梁に迎えます
高次は数百人におよぶ大工たちを束ね 工事に挑みますが
本堂を支える親柱のうち一本を 誤って短く切り落としてしまいます
途方に暮れる高次を見かねた妻の阿亀(おかめ)は
「柱を短く切り揃え 桝組を入れて高さを合わせては?」
と進言しました
高次はこの方法を取り入れ無事本堂を完成させますが
阿亀は「女の入れ知恵で完成させたと云われては夫の恥」と考え
上棟式の前日 本堂の完成を待たずに自害してしまうのです
高次は妻の献身に涙し
上棟式には御幣におかめの面を飾って冥福を祈ったそうです
この話が大工たちに受け継がれ おかめ信仰が広まりました
このおかめ像も信者らによって建てられたもの
右隣には 江戸時代の半ばにたてられた宝篋印塔
「おかめ塚」があります
c0022669_19134723.jpg
ぼけ封じ観音は“ボケ封じ近畿十楽観音霊場”のひとつ
そろそろ自分の記憶力に不安を感じるお年頃 笑
しっかり手を合わせてきました
c0022669_18554429.jpg
縛られて雨ざらしでも“破顔一笑”布袋尊
c0022669_18522874.jpg
c0022669_18553188.jpg
c0022669_18565126.jpg
寺務所の屋根にも鬼瓦ならぬおかめ瓦が!

さてお次は・・・
“天神さん”北野天満宮へ向かいます
[PR]
by massira | 2007-01-20 20:18 | 巡礼/新西国