仏詣&旅のアルバム


by massira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鏡の井

在原行平は平安時代の歌人で 在原業平のお兄さん
小倉百人一首ほか 多くの歌を残しています
『立ちわかれ いなばの山の 峰におふる
   まつとしきかば 今かへりこむ』中納言行平

光孝天皇の怒りにふれ 須磨へと流された行平は
汐汲みにきていた多井畑村の長の娘 “もしほ”と“こふじ” を見初めます
松風・村雨と名づけられ 愛された姉妹が
水鏡として使っていたという「鏡の井」と呼ばれる泉がコチラ
c0022669_234395.jpg
多井畑厄除八幡宮のほど近く 住宅地の路地のただ中にありました

後日談は 能楽の演目『松風』でよく知られていますね
[PR]
by massira | 2007-01-10 23:53 | 神戸散策